NPO法人霞ヶ浦アカデミー

霞ヶ浦アカデミーについて

霞ケ浦に思いを寄せる人々により、霞ケ浦流域に住まう人々と未来を担う子供たちのため、自然環境の保全活動と地球資源を活用した教育活動を通して、持続可能な地域社会を創造することを目的に設立されました。

私たちは霞ケ浦から次世代を創ろうと、湖で発生している諸問題の改善提案と解決に取り組んでいます。霞ケ浦がかつて汽水湖であった時代の豊かな自然環境と豊富な水産資源の復活(霞ケ浦四十八津の再興)へ向けて様々な活動にチャレンジしています。

団体概要
設立意義
沿革

活動内容

支援の方法

【新着】イベント情報・活動報告

葦舟世界大会アイキャッチ
(参加者募集)第2回霞ヶ浦葦舟世界大会この大会では、様々な形の葦舟が漕ぎ手と共に湖上を疾します。 湖岸で自らアシを刈り、そのアシを束ねて自ら葦舟を作り、その葦舟を自ら漕いで、その性能を競う大会です。大会実施により、アシ原を整備しながら、湖とつながる人を増やします。...
【開催報告】日越交流会2021秋10月30日&31日に首都圏在住のベトナム人20人を迎えて、霞ヶ浦の自然を満喫する滞在型ツアーを開催しました。2日間天候にも恵まれ、参加者は、国定公園に指定されている「霞ヶ浦」の魅力と、その大地を体験することができました。...
【生き物アカデミー】カヌー体験を実施しました2前回に続いて、生き物アカデミーはカヌー体験でした。雨も心配されたのですが、台風後で、気持ちがいい1日になりました。また、前回から感染症対策として、参加人数を制限し、第一部・第二部に分けた開催となっています。まずはパドリング練習からです。特に、前半の回では、小さな子が多かったので、丁寧に行いました。気持ちのいい秋晴れです。カヌーに乗るだけではなく、泳いで遊ぶ子もいました。新しく購入した2人艇です。親子で乗れるので好評でした。こちらも新しく買ったロデオ艇。小さくてカッコいいので、みんな乗りたがります。今回のカヌー体験は、令和2年度(補正予算)国立公園・温泉地等での滞在型ツアー・ワーケーション推進事業を受け、実施しました。...
【生き物アカデミー】カヌー体験を実施しました生き物アカデミーはカヌー体験でした。第3日曜日は雨だったので、延期日として8月末の開催になりました。また、今回から感染症対策として、参加人数を制限し、第一部・第二部に分けた開催となりました。まずはパドリング練習からです。参加者数を半分にして、前半・後半に分けているので、少人数です。講師は、2回説明しないといけないから大変です(お疲れさまでした)。新調したカナディアンカヤックです。赤くて、目立って、カッコいいです。...

もっと見る

刊行物

会報(海夫通信)

活動報告やイベント報告等を収録した、会員様向けの無料会報誌です。定期的にご郵送させて頂いております。私たちの活動や新しい試みの最新情報が盛りだくさんに掲載されています。文章作成、デザイン、編集はほぼ全て事務局内で行っています。生の声をお届けします。


バックナンバーはこちら

書籍

本著には、私たちの10年間の挑戦がまとめられています。特に霞ケ浦にニホンウナギが戻ってくる日を願って、地域の環境問題に取り組みました。環境教育の現場から調査研究の活動まで、市民団体がどのような働きかけを行ったかを記してあります。とりわけ調査研究に関して詳しく収録済です。なかでもウナギの減少原因については新しい仮説を示し、開発事業に疑問を示しています。


購入はこちら