NPO法人霞ヶ浦アカデミー

霞ヶ浦アカデミーについて

霞ケ浦に思いを寄せる人々により、霞ケ浦流域に住まう人々と未来を担う子供たちのため、自然環境の保全活動と地球資源を活用した教育活動を通して、持続可能な地域社会を創造することを目的に設立されました。

私たちは霞ケ浦から次世代を創ろうと、湖で発生している諸問題の改善提案と解決に取り組んでいます。霞ケ浦がかつて汽水湖であった時代の豊かな自然環境と豊富な水産資源の復活(霞ケ浦四十八津の再興)へ向けて様々な活動にチャレンジしています。

団体概要
設立意義
沿革

活動内容

支援の方法

【新着】イベント情報・活動報告

生き物アカデミー「湖畔を感じるごろんコンサート&プチワークショップ」今回は第3日曜日の翌日(敬老の日)に開催しました。毎月第3日曜日は生き物アカデミーの活動日です。ミュージシャンで森林インストラクターの山田証さんを招いたコンサートです。...
【生き物アカデミー】カヌー体験②毎月第3日曜日は生き物アカデミーの活動日です。7月と8月はカヌー体験です。霞ヶ浦が子どもたちにとって、遊び場になっていることが嬉しいです。...
【生き物アカデミー】カヌー体験①毎月第3日曜日は生き物アカデミーの活動日です。7月と8月はカヌー体験です。天気予報が最後まで安定せず、晴れるか不安だったのですが、雨はそれほど降らず。風がちょっと強くて、波に揺られてアトラクション気分でした。...
【生き物アカデミー】ウナギ漁チャレンジ②毎月第3日曜日は生き物アカデミーの活動日です。 今回は「ウナギ漁チャレンジ」と題して、前回仕掛けた伝統的なウナギ漁の道具「たかっぽ」を確認しました...
【会報】海夫通信40号発行しましたNPO法人霞ヶ浦アカデミーの会報「海夫通信」40号を発行しました。2008年の設立から発行しており、今回で40号となりました。以下にコンテンツの一部を紹介いたします。詳細はリンクのPDFファイルをご覧ください。...
【生き物アカデミー】ウナギ漁チャレンジ①毎月第3日曜日は生き物アカデミーの活動日です。 今回は「ウナギ漁チャレンジ」と題して、伝統的なウナギ漁の道具「たかっぽ」をつくって仕掛けました。...

もっと見る

刊行物

会報(海夫通信)

活動報告やイベント報告等を収録した、会員様向けの無料会報誌です。定期的にご郵送させて頂いております。私たちの活動や新しい試みの最新情報が盛りだくさんに掲載されています。文章作成、デザイン、編集はほぼ全て事務局内で行っています。生の声をお届けします。


バックナンバーはこちら

書籍

本著には、私たちの10年間の挑戦がまとめられています。特に霞ケ浦にニホンウナギが戻ってくる日を願って、地域の環境問題に取り組みました。環境教育の現場から調査研究の活動まで、市民団体がどのような働きかけを行ったかを記してあります。とりわけ調査研究に関して詳しく収録済です。なかでもウナギの減少原因については新しい仮説を示し、開発事業に疑問を示しています。


購入はこちら